Category: 未分類

公認会計士の社会人講座

公認会計士の資格は不況の中でも十分に戦っていける資格と言う事もあり、かなり人気のある資格になっております。その反面、資格の取得がとても難しい講座になっておりますのでどうしても独学では試験に合格する事が難しくなっております。その為、多くの公認会計士の受験希望者は、公認会計士の社会人講座などに申し込んで試験勉強を講師の方ら本格的に学んでおります。

公認会計士の社会人講座は、スクールにもよりますが、60万円から200万円ほどがかかるようになっております。講座の内容にもよりますし、地方と都市部などでも大きく講座にかかる金額が変わってきます。当然の事ながら公認会計士の試験に合格する割合もスクールによって大きく変わって来ますので、どの社会人講座を選ぶのかによってその後の未来が大きく変わってきてしまいます。

公認会計士の試験にチャレンジした方の合格率は、全体で約10パーセント程度と狭き門になっております。試験は年に1度しかありませんので、自分にあっている社会人講座を選ばないと時間もお金も損をしてしまう事になります。合格率が高くても会社とのダブルワークが難しいような場合や、自分の性格と合っていないような講座はお金のムダになりますのでしっかりと選ぶようにしてください。


公認会計士の試験内容

公認会計士の試験内容は、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の全5科目の他に経営学、経済学、民法、統計学の選択科目で構成されております。特にここで注目されるのが経営学、経済学、民法、統計学からなる選択科目です。選択科目をどのように選ぶかによって公認会計士の試験難易度が変わってきます。

この選択科目は個人のマッチングなどがありますので一概には言えませんが、講座の内容などから判断するに、統計学を選択するのが最も合格率を上げる手段だと言えます。統計学を選ぶ理由としては、他の経営学、経済学、民法と比べて統計学は勉強量が少なくて済むと言う事があります。ただでさえ、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の5科目かボリューミーなのに加えて、経営学、経済学、民法のような試験範囲が広い選択肢を選ぶのはあまり賢い選択だとは言えません。また、統計学は資格を取得して公認会計士になったあとにも非常に多くのシーンで使用する機会のある試験内容となっておりますので、実践向けであるというのも大きな理由の一つです。もちろん、大学などで専門的な知識を勉強しているという方は、統計学以外の選択肢を選ぶ場合もあるとは思いますが、一般的な社会人受験生には統計学がおすすめになります。


公認会計士とは

不況に強く、資格さえ持っていれば、安定した収入を得ることができ、職を失う心配もすくなく資格として注目されている公認会計士は、その名の通り会計の専門家です。実際の業務内容は大きく分けると4つあり、監査業務、会計業務、コンサルティング業務、税理士として行う税務業務に分けることができ、そのいずれもが企業にとってとても重要な役割を担っております

公認会計士の資格が登場したのは古く、昭和23年7月6日に公認会計士法が公布された事からはじまります。公認会計士法には、他社の要求応じて財務書類の監査や証明を行い、それによって報酬を得ることを生業とする職業であるという旨の文言が記載されています。

公認会計士は、独立した第三者的な立場に立ち、会計や経営に関する専門的知識と豊富な経験を生かしながら、企業や個人が作成した投資家などに公開する財務諸表の監査を行うほか、作成された財務諸表などが適正であるかなどのアドバイスをするのも、公認会計士の仕事のひとつです。公認会計士のアドバイスやチェックによって、公認会計士に依頼した方は、財務情報の信頼性を高める事が出来るようになるといったメリットがあります。その為、公認会計士は、企業だけを相手にするのではなく、地方公共団体や独立行政法人、学校法人など幅広い顧客を確保しております。


転職に有利な公認会計士の資格

バブル崩壊以降もリーマンショックや震災などによって景気が中々上向きにならない日本において、この先、今の会社に定年まで勤める事ができるというような保障はありません。一般にも広く名前が知られているような大きな会社であっても大変な思いをしている方がいる事からも一寸先は闇という言葉は他人事ではありません。

その為、リストラや退職、倒産した後でもしっかりと食べて行けるようにと転職や再就職に有利な資格を取得しようとしている社会人の方が増えております。中でも公認会計士は、弁護士や医師と並んで安定感のある資格になります。かなり人気のある職業となっており、社会人講座に通ってまでも資格を取得しようと思っている方が急増しております。

基本的に再就職や転職に有利な資格というものは、その必要度合いによって資格の取得がとても難しくなっております。特に転職に有利になる公認会計士の資格試験の難易度はとても難しく、独学では不可能だと言われております。その為、公認会計士の資格取得を考えている方は、通信講座や社会人講座など講座を受講する事によって資格取得を目指しております。

そこでこちらのページでは、公認会計士がどのような仕事なのかや、公認会計士の試験内容、公認会計士の社会人講座などについての情報をご紹介させて頂きます。これから公認会計士の資格を取得しようと考えている方も、公認会計士がどのような資格であるか全くわからない方にとっても有益になるような情報をまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。