公認会計士の試験内容

公認会計士の試験内容は、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の全5科目の他に経営学、経済学、民法、統計学の選択科目で構成されております。特にここで注目されるのが経営学、経済学、民法、統計学からなる選択科目です。選択科目をどのように選ぶかによって公認会計士の試験難易度が変わってきます。

この選択科目は個人のマッチングなどがありますので一概には言えませんが、講座の内容などから判断するに、統計学を選択するのが最も合格率を上げる手段だと言えます。統計学を選ぶ理由としては、他の経営学、経済学、民法と比べて統計学は勉強量が少なくて済むと言う事があります。ただでさえ、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の5科目かボリューミーなのに加えて、経営学、経済学、民法のような試験範囲が広い選択肢を選ぶのはあまり賢い選択だとは言えません。また、統計学は資格を取得して公認会計士になったあとにも非常に多くのシーンで使用する機会のある試験内容となっておりますので、実践向けであるというのも大きな理由の一つです。もちろん、大学などで専門的な知識を勉強しているという方は、統計学以外の選択肢を選ぶ場合もあるとは思いますが、一般的な社会人受験生には統計学がおすすめになります。